エンジュク株投資セミナー
2011年11月13日

土屋賢三システムトレード講座特別セット

土屋賢三システムトレード講座特別セット

「そろそろ買いだ!と思って買ったら、株価が急落した。」
「またはまだまだ下がるだろう・・・と思って売ったら、大きく反発した。」








誰でも英語ペラペラになれる6ステップ英会話学習法

土屋賢三システムトレード講座特別セット


毎日、変動するマーケットを見ていると、

時として、
その値動きから「収益機会では?」と感じてしまう場合があります。



例えば、

「そろそろ買いだ!と思って買ったら、株価が急落した。」

「またはまだまだ下がるだろう・・・と思って売ったら、大きく反発した。」



実際にこのようなことを考えて、トレードをしている方はいらっしゃいませんか?


ただ、このような裁量(=相場観)によるトレードでは、損と得を繰り返しながら、

徐々に大事な投資資金を減らしてしまう傾向があります。


また、相場の変動に一喜一憂したトレードでは、

将来、どのくらいの収益が見込めるのかについても不透明です。


このようなトレードには欠如しているものがあります。

それは、「根拠に基づいて売買を行っていない」という点です。


この根拠に基づいた売買こそがシステムトレードの本質になります。


なぜなら、システムトレードでは、過去のデータの分析上で、

利益が出るタイミングを見計らって仕掛けるからです。


また、予め損切りのルールを事前に決めるなど、売買をルール化することで、

リスクも限定しつつ、トレードが行えます。


繰り返しになりますが、そのいう意味でシステムトレードは、

非常に根拠がある投資方法といえます。


近年、システムトレードは多くの投資家が実践するようになりました。


さて、この「システムトレード」は、

投資を行う際に裁量を排して、
[一定売買ルールに従って売買を行う方法で、

検証(バックテスト)を行うことにその方法を見出します。」

と一般的には知られています。


しかし、上記はシステムトレードの本質とは多少異なるかもしれません。

なぜなら、個人投資家の間で知られている一般的なトレードルールは、
「パターン認識モデル」と呼ばれるからです。


この「パターン認識モデル」とは、異なる区間の移動平均線のクロスや、
RSIといったオシレーター系指標を頼りにしたものなど、
ほとんどのルールはこのパターンに特化したモデルと言っていいでしょう。

しかし、土屋氏のようなプロが利用するシステムトレードは、
このパターン認識モデルとは全く違った方法である「マルチファクターモデル」
を利用しています。

さて、この「マルチファクターモデル」とは、おおざっぱに言えば、
市場の相関性に基いたトレードルールです。

世界には様々な市場が存在します。
その市場とは株式市場、商品先物市場、為替市場、債券市場などですが、
それぞれの市場は実は関連性が高い場合があります。

例)株式市場の動向が為替市場に与える影響など

つまり、マルチファクターモデルとは、
このような市場間の関連性を利用する手法なのです。

そして、このプロの手法は個人投資家でも実践が可能です。


========2011/11/13時点==================================
Oracle オラクル ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g
========================================================
DBA 試験番号: 1Z0-018
SQL 試験番号: 1Z0-017
SQL 試験番号: 1Z0-051
Oracle オラクル試験を受験
posted by 低位バリュー at 15:15 | 石川 ☁ | 株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。